これからもず~っと2人で・・・・+4人

養子縁組をした清志(♀)とサマンサ(奥さん) +子供4人で暮らしています。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

清志の胃カメラ体験記

いや~まいりました。病院嫌いの清志が胃カメラ飲んじゃったよ 涙

忘れないうちに書いちゃいましょう。





数週間前のこと、たまたま行った近所の診療所の先生に

「胃カメラやったことある?」ニコニコ

って聞かれて

「一度もありません」って答えたら

「一度やってみる?予約入れてあげよう」ニコニコ

「でもどうしよっかな~」

って言っている内に看護婦さんに採血されて

有無を言わせず胃カメラの予約&説明を受けた。

もういい年だし、やってみなきゃいけないんだろうし

鼻から入れる胃カメラは痛くないよ~って

ポスターを見た気がする。いや絶対あった!


予約は2週間後だったのでいざとなればキャンセルしちゃってもいいし

なんて考えてたら

あっという間に当日がやってきた。


サマンサは長女の県大会の送迎で朝早くでかけてしまった。

前日、夜9時以降は何も食べてはいけませんって

言われてたのに土曜も学校だった三男の混ぜ込みご飯の味見をうっかりしてしまった。

一口だけだし大丈夫だろう。ww


ちょっと不安だけど今日は一人で暇だし、鼻からだし、

話の種にやっちゃおうやっちゃおうと

診療所へ向かった。


清志は病院に行くと血圧が上がっちゃうほどの病院嫌い

けどその日は血圧も何故か正常。

でも脈拍は緊張の為バクバク

このとき血圧が高かったらやらなくて済んだかもしれないのに・・・


先ず初めにコップ一杯の胃酸を抑える薬を飲む

不味そうだから一気飲み。

その液を胃に満遍なくいきわたらせるようにベットの上で

ゴロゴロ寝返りを打つ。

そのあと看護婦さんがスプレーみたいなのを持ってきて

「鼻血止めしますね」

って両方の鼻にシューっとかけ、

次に注射器の針のないのにジェルみたいなのが

入っているのを右の鼻にニュルリと入れられる。

これは鼻の麻酔。


麻酔が効いた頃にカメラの太さよりちょっと細いぐらいの

チューブを2種類鼻に入れてみて通り具合をチェック

チューブ入れて5分ぐらいそのままにしておく すごく間抜けな光景w

間抜けなチューブを取ってまもなくいつもニコニコの先生が登場

ん?今日はニコニコしてないな~~手術着みたいの着てるし

なんか怖い~~~


部屋が薄暗くなっていよいよ開始

先ず右の鼻にカメラが入る。

目を瞑ってたのでもうそろそろ入ったのかな~とモニターを見てみると

鼻の内部が写っている。

どうやら入れるのに苦労しているらしい。

さっきチューブはすんなり入ったのになんでなんだろう?。

もう1度チャレンジしてみたけど鼻血が少し出てきてダメ

左もダメそう。

「口からにしましょう」


いやムリムリ!!聞いてなし~~

口からだったらやるつもりなかったんだけど~~


口にマウスピースみたいなのをシールでペタンコと張られ

カメラを口から入れられた。


「もう一番苦しいとこは過ぎたからね」

って言われても苦しい苦しい。ゲ~ゲ~なるし。

口から入れる時は喉にも麻酔するんじゃないのかな~?

鼻の麻酔なんて何の役にもたっちゃいないし・・・


看護婦さんが苦しんでいるところを背中からナデナデしてくれる。

苦しいけどちょっとうれしい♪

やっと胃にカメラが入ったみたいだ。

「結構胃が荒れてるねぇ、十二指腸は大丈夫」


え?胃は強いと思ってたんだけどな

痛くもないし吐き気もないし。

何枚も写真を撮って、胃の細胞も検査の為少しちょん切って

やっとカメラが胃から食道に帰ってきた。

時間にしたら15分ほどだったと思う。

出てくるときは全然苦しくないんだね。

体に力が入ってたみたいでどっと疲れた~~


よだれダラダラの口元を看護婦さんに拭いてもらい

「今日1日分の体力使っちゃったからゆっくり休んでね」って言ってもらい

看護婦さん大好き♡のきんちゃんの気持ちがわかっちゃったな~www


その後、先生の診察

「結構な胃炎と逆流性食道炎だね」ニコニコ


胃液が多いらしく食道に逆流したり胃の壁を荒らしたりしてたらしい。


薬をしっかり飲んで何日か刺激物を取らないようにと言われた

考えてみればビールにコーヒー、カレーにキムチ鍋とか好きだから

胃に悪いものばっかとっていたんだよね。


いや~反省 反省


さあ!あなたも胃カメラ飲んでみないかい?笑


清志は2度とごめんだ~~~

















関連記事
スポンサーサイト

| リアルタイム | 2012-11-12 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

初二人キャンプ、だったのに・・

忘れ去られてた夏のキャンプをアップするぞ~~




いつのまにか子供達にすっかりと親離れされたので

「夏休みは2人でどっか行けるねぇ

「2人キャンプって行ったことないね」

って予定を立て始めた頃

どっかから噂を聞きつけたサマンサママ


「○○ちゃん(○○のところにサマンサの本名入る)
 
 私、富士山のほうに行ったないの
  
 南米のチリとかヨーロッパは行った事あるんだけど・・・」

「キャンプって野宿!??
 
  生まれてはじめての野宿だわ」


なんだか知らないけどうちらの夏休みに合わせて

自分も参加する気満々の模様



サマンサも

「子供の頃からママと出かけたことほとんどなかったから

 親孝行したいな」(サマンサは一人っ子でおばあちゃんに育てられた)

ってことで清志も渋々納得

富士山が見えるキャンプ場を探し

サマンサの親孝行キャンプが決行される事になった。

まあね、このサマンサママはうちら2人の事をすぐわかってくれたっていうか

理解してくれた人だからね

多少変わり者だけどねww


そんなこんなで出発

都心じゃなくて田舎に向かう高速道路はスイスイ

天気はいいんだけどお目当ての富士山は雲に隠れて全然見えない。

IC近くのスーパーで焼き焼きする食材や酒を買い込んでいざキャンプ場へ


でも久しぶりのキャンプ
 
テントとタープを2人で初めて立てて見たけど結構簡単♪

子供達はテント立てるとき、ただの足手まといだったんだねってことだwww


テントを立て終わったら車で温泉


さてと、ちょっと暗くなってきちゃったけど

急いで火を熾してBBQ

さんま、イカのごろ焼き、とうもろこし皮ごと焼き、サラダ

肉も焼き焼きしたんだけど

とっても3人じゃ食べきれる量じゃないっていうのww


普段いっぱい作ってるから少量を作るのって難しいんだね。

酒を飲みつつサマンサママの豪快な武勇伝等聞いているうちに

夜は更けていくのでした。


そんでね

さて、テントで寝ましょうということになったんだけど

清志 サマンサママ、サマンサ

という位置関係

何故か真ん中にお邪魔が入ってるんですけど笑

ま、いいか~~
  

  






≫ Read More

関連記事

| 2人のお出かけ | 2012-11-09 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。