これからもず~っと2人で・・・・+4人

養子縁組をした清志(♀)とサマンサ(奥さん) +子供4人で暮らしています。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

地震の日のこと 2

電車の復旧を待っている間、もう夕飯の時間になっていたので

コンビ二に行ってみると、

早くもおにぎり、パン類は全部売り切れていた。


とりあえずすぐ食べられそうなものを買って

店を出ると

外を歩いている人の数がますます増えているようで

異様な雰囲気だった。


会社に戻り、しばらくすると

今日中にJR復旧の見込みなし

というニュースが流れた。


会社の人たちも、帰れなくて泊まることを決めた人

歩いて自宅を目指す人

どうしようか呆然としている人

いろいろだった。


自分も最初は、会社に泊まろうかとも思ったけど

実家が都内にあるのでそこまで歩いて泊めてもらうことにした


PM8:30頃会社を出て、歩き始める。

まさしく帰宅難民

そういえば大地震が来たら歩いて帰るためのマップが

コンビニで売ってたのを見たことがあったっけな

本当にそんな日が来るなんてその時は思ってもみなかった


道路はすごい渋滞していてバスも止まったまま全く動いていない。

歩道には大勢の人が歩いている。

こんな風景見たことないよ

夜になって結構寒くなってきた

でも周りに人がいっぱいいて同じ方向に遠足みたいに

歩いていると結構歩けるもんなんだね

自分は今でこそ田舎に住んでいるけど

都内で生まれ育っているので皇居とかチャリンコで

よく行ってたので地理はバッチリだ。

ずいぶん変わっちゃったけど昔、働いていた場所とか

ちょっと寄り道したり

ツイッターで現状をつぶやいたらみんなが応援してくれて

歩く事2時間弱

とにかく実家に到着することができた。

実家には両親が待っていてくれた。

普段、そんなに遠くないのに正月ぐらいしか

顔を出さない親不孝者なんだけどね


ビールを飲んで風呂に入り

何度も携帯に入る緊急地震速報に怯えながら

その日、両親と川の字に寝たのでした。




3.11の記録として。


























関連記事
スポンサーサイト

| 現在の生活 | 2011-03-23 | comments:1 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/03/24 23:18 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。